日帰りスキーで目いっぱい遊べる1日を

subpage1

ウインタ-スポ-ツの代表と言えばスキ-がありますが、忙しくてなかなか休暇が取れないという人のために、最近では日帰りスキーの内容が充実しています。

Yahoo!ニュースに関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

目的地に行くには、バス、JR、マイカ-などがありますが、夜に出発して朝スキ-場に到着し、1日ゆっくりスキ-を楽しみたいという人には、夜行バスの利用が便利です。
日帰りスキーツア-ではプランにリフト券が組み込まれているのが一般的ですが、スキ-場やツア-によっては、すべて現地でレンタルできるプランもあります。

スキーツアーに関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

用具のレンタルを予定している人は、事前にインタ-ネットで予約が可能ならば、それを利用すると到着後に並ばずにスム-ズに用具を借りることができ、時間の節約になります。
日帰りスキーなので、持ち物は最小限に抑えるために事前に持っていく物のリストを作成するとよいでしょう。

汗をかいた後に着替える必要最小限のインナ-等や履き替え用の靴下は、持っていくと重宝します。現地に着いたら貴重品と必要なお金などはポケットやウエストポ-チに入れるようにして、その他はコインロッカ-に入れると安心です。

スキ-場は他の行楽地と同様、食事や飲み物などの値段が高めに設定されているので注意が必要です。



スキ-場に併設して、温泉やスパなどのサービスが充実しているところもあり、アフタースキ-を楽しめるところもたくさんあります。荷物は少し多くなってしまいますが、スキ-だけでなく温泉も、という人には嬉しいプランです。